毛穴汚れをすっきりOFF ! 「蒸しブックでセルフスチーム」  

鏡をのぞきこんだ時、悲鳴をあげそうなくらい毛穴が開いてしまっていたら、スチームを使ったスペシャルケアを試しましょう。
そもそも毛穴が開いて見えてしまうのは、毛穴のなかに老廃物が溜まっているから。
古い皮脂がそのまま毛穴の奥に居残ってしまい、お肌の奥にしがみついているようなもの。

この、しがみついてしまった「老廃物」を、スチームの力で追い出しましょう。

ただしスチームは、熱すぎる温度で行なっては効果を期待できません。
毛穴を開くよりもまえに、肌表面のデリケートな層を傷つけてしまいます。
そうなると毛穴ケアを目的にしたスチームも逆効果ですね。
蒸したタオルの温度は、人肌が適切です。
すこし暖かいな、と感じるくらいが、お肌への負担をかけない温度です。

電子レンジで適度に温めたり、またはお湯で蒸しタオルを作ります。
手頃な大きさに折りたたんで、まずは気になる小鼻のまわりに、蒸しタオルを優しくフィットさせます。
熱い、と思ったら2~3センチ離します。
そして息をふきかえるようにしながら、蒸気を肌に当てていきましょう。

この作業は、できれば3~4回は繰り返してください。
十分に肌に蒸気を送ります。
しだに肌が柔らかくほぐれ、つまった毛穴も、汗を流しながらじわりと広がってきます。

またできれば、お湯をはった湯船に10分ほどつかってしまうのが、スチームの効力も絶大です。
面倒がらずに入浴し、この時、たっぷりと毛穴を広げるようにすれば、血行も促され、一石二鳥です。
広がった毛穴には、オイルクレンジなどをたっぷりとつけて汚れを除去します。
この時、強い力でこすらずに、小鼻のまわりをくるくると円をかくようにマッサージします。
オイルの表面で指がすべるくらいの力で十分です。

毛穴の奥まで届くように時間をかけて念入りにオイルオフしましょう。

洗顔は、たっぷりの泡をたてて行ないます。
開いた毛穴の奥の汚れを、細かく立てた泡で洗い流す感じで、優しく作業してくださいね。