穴の黒ずみが消えない人へおすすめのコスメ  

毛穴が開いてしまうのもかなり頭の痛い問題ですが、この毛穴が黒ずんでくると、とにかく目立ってしまい、本当に憂鬱になりますね。
この毛穴の黒ずみの正体は、汚れや溜まった皮脂の酸化です。

肌の表面には、皮脂膜というデリケートな層で守られています。
皮脂膜は、水分の蒸発を適度にコントロールし、紫外線などから肌を守る「防御壁」です。

ところがこの防御壁は、薄くてとてもデリケートなものなのですが、力強い洗顔などの外部からのプレッシャーで、ボロボロになりやすい層でもあるのです。
皮脂膜が正常に機能しないと、乾燥や吹き出物、そして黒ずみをひきおこしてしまいます。

皮膚科に相談にくる女性のなかには、この黒ずみの悩みが多いといいます。
多くの女性が悩む黒ずみのトラブルですが、正しい洗顔で予防することができます。

肌の表面は、とにかくデリケートなものだと考えてください。
ごしごしの洗顔はNGのなかのNG。
とにかく汚れをしっかり取ろうと気合いがはいってしまうあまり、手を洗うように洗う人がいますが、これがよくありません。
肌トラブルを遠ざける一番の方法は、泡の表面だけで包むように顔の汚れを落とす優しい洗顔です。

黒ずみの原因は毛穴の奥ふかくにありますので、まず洗顔のまえに毛穴を開きましょう。
蒸しタオルを何度か顔をにあてて毛穴を開いてあげるのも効果がありますが、じゅうぶんな効果を期待したいなら入浴が一番です。

汗をかいて血行をよくし、肌と毛穴をほぐしたら、洗顔料を十分に泡立てて、泡の表面だけを顔にすべらせる要領で洗顔をおこないます。
毛穴ケアに適している洗顔料は、よく泡立つ商品がお奨めです。

そして洗顔のあとは、すばやく水分をチャージしてあげましょう。
手の平で人肌にあたためてから、手の平を使ってパックをするように肌にあてがい、水分が逃げようとするのを防御します。

仕上げは油分で肌表面をガード、クリームで油分を補給します。
適切な洗顔とその後のケアで、毛穴の奥に酸化した「老廃物」を溜めこまないようにしましょう。